ホーム > 詩人の部屋 > カタリナの部屋 > 白

カタリナの部屋


[109] 
詩人:カタリナ [投票][編集]


切なさにこがれた季節は
言葉にならない気持ちにした
僕はただ空を見上げた

生きていることを喜ぶのは
悲しいことや辛いことが
あってはじめて生まれる

夜が明けたらきっと
今の気持ちは跡形もなく
消えてしまうだろう

出会ったすべての悲しみに
抱いた闇に同じ夜明けが来るように
願うからこの命もやがて終わるから

さよならのその時は眠るように
まぶたを閉じて真っ白になりたい。







2018/08/05 (Sun)

前頁] [カタリナの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -