ホーム > 詩人の部屋 > カタリナの部屋 > 種を蒔く日々

カタリナの部屋


[120] 種を蒔く日々
詩人:カタリナ [投票][編集]

レールは続くよどこまでも
世界の終わりまで
とりあえずこの夜の
終わりまで

時計に縛られた世界には
自由なんかはまやかしで
窮屈な非発展途上国の民衆は
アニメばかり観て仕事もせずに
遊び暮らしてる

おまえの暮らしがどうかはわからない
ただ、グラフがそう物語る
信憑性なんかは無視されて
データ上でのみ息をする生き物

たとえばよくある組み合わせ
チンパンジーを台に上らせて
吊るされたバナナをとらせる
僕らはいわばチンパンジー
バナナは世界や社会や秘密結社

GとCと、不特定多数のアイラブユーで
作る適当なメロディで
柔軟な発想から生まれる
平和的ロックンロールで
愛やジャーマニズムを叫ぶ
一億三千万人の地球人で。
ラブ&ピースは戦場に
ひまわりの種を蒔くだろう。

2018/08/11 (Sat)

前頁] [カタリナの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -