ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > ユリシーズ

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[123] ユリシーズ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


眠れない真夜中には 机に向かい
窓辺から見える 星をいらない紙に
散りばめて 描いてみる

ジェイムズジョイスの書いた小説の
引き込まれるような文章に
たちまち見知らぬ世界への扉が開く

目を閉じるとそこにもうひとつの
色のない世界が広がる
そこにはただ一つの悲しみもない
夜明けへと船を漕ぐ 
北北西へと舵をとれ。



2018/08/11 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -