ホーム > 詩人の部屋 > カタリナの部屋 > 蝶

カタリナの部屋


[130] 
詩人:カタリナ [投票][編集]


布団に盛大に描いたおねしょの地図は
あの頃の僕が生きた確かな足跡

恥ずかしいなんて人は笑うけど
僕にはなくてはならない足跡

失敗とか挫折とかいらないようにみえても
あとになって役にたつんだ

君が大人になるその時には
きっと誰かのために生きれるようになる
自分のための人生から
誰かのための人生に変わるとき
君は君から殻を脱いで大人になる。



2018/08/13 (Mon)

前頁] [カタリナの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -