ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > レイン

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[172] レイン
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][得票][編集]


立ち直れないくらい
落ち込んだときに
探すのは傷のふさぎかた
どんな言葉で慰めてみても
その場しのぎの絆創膏みたいな
応急措置じゃ傷はすぐに開くよ

何も言わずに抱きしめてくれる
そんな人がいれば救われる

寂しさに包まれてはじめて僕は
孤独だということに気づいた
見上げた空は今にも雨が降りだしそうな空模様。





2018/08/31 (Fri)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -