ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 青葉のころ

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[35] 青葉のころ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]

ただの気まぐれも間違われればあわよくば
優しさに思ってくれればこれ幸い

時間に置いてけぼりの日々
息つく暇もない忙しさなどは
ただでも要らぬと顔を渋らせ

梅雨時の雨に濡れた夕刻の
屋根の下に雨宿り
近づく夏の訪れに
支度を整えて日傘を買う

唇を染めるは五月雨の
残した余韻 いろはにほへと。

2018/06/12 (Tue)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -