ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > スケッチ

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[359] スケッチ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


名前を呼んで 
頬にふれて
悩みを聞いて

夜が明けたら
買い物に行こう

雲の形が何かに似ている
何に似ているんだろう

夢から覚めて
お湯を沸かして
珈琲を淹れる

積み木を積むように
日々同じことの繰り返し

いつもより少し上手く
珈琲を淹れられたよ

幸せはきっと絵に描くより容易く
簡単なものなのさ 君が教えてくれた。














2019/01/05 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -