ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 大丈夫

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[371] 大丈夫
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][得票][編集]


どんなに悲しい気持ちでも
僕には魔法の言葉がある
なぜか君が言うと
何でもないことみたいに
思えるから不思議だ

見えない傷跡に
ガーゼをあてるように
優しさが心を満たしていく

君の表情を
ファインダー越しに
覗いてみればほら
涙なんて向こうから逃げてく
大丈夫 大丈夫
嘘みたいに晴れ渡った空
いつの間にか 忘れていた
希望が咲き誇るよ。





2019/01/25 (Fri)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -