ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 告白

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[386] 告白
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


あなたが好きだよ
この世界の誰よりも
目を閉じて浮かぶ
青春をささげた人

初恋は幻 それでも今も
君を好きな僕は君を好きなままだよ

恋をしてニキビがはじめて
邪魔に思えた つぶしても治らない

それも素敵だよと君は笑ってくれたね

制服を最後に着た日
僕はこんなにも懐かしく思う日が
来るなんて知らなかった

勉強にがんじがらめの日々に
未練なんてあるはずもないけど
涙があの日に帰りたがる。






2019/02/09 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -