ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 一眼レフ

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[387] 一眼レフ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


テーブルの上に写真を
並べてみれば
幼いときの僕の姿から
今の僕の姿になるまで
随分数多くの写真がある

思い出は足跡のように
記憶の中に刻まれたしるし

カメラを構えてシャッターを
切ってレンズの中に閉じ込めた
ネガからはみ出す笑顔

父の愛用の一眼レフで
一枚一枚重ねた思い出
フィルムに焼き付けられた情景

年老いた父がカメラを構えて
そっとシャッターを切る
そこにまた思い出が刻まれる

写真に映るのはビールも飲める
二十歳の僕の姿だ。





2019/02/09 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -