ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > あたらしいうた

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[389] あたらしいうた
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


窓の向こうに広がるのは
どこまでも青い空

地図をはみ出して
気まぐれな旅と洒落こむぜ

明日なんて知らないから
今日は今日のことだけ考える

アクセルを踏み込むたびに

ギアを変えるそのたびに

新しい自分に出会える予感がするんだ

今までいくつも作った歌にたまに救われて
恥ずかしいほど泣かされてきたから

風に抱かれるたびに

一歩踏み出すたびに

生まれ変われる気がするんだ。



2019/02/11 (Mon)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -