ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 子供

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[403] 子供
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


子供の瞳は嘘を見抜くだろう
本当のことだけで生きているから

僕らは建前を捨てられずにいるのに
子供は嫌なものは嫌と笑って言える

泣きたくなるほどならしなきゃいいのに
子供は大人を見て首を捻るだろう

嘘をつけない子供に説明するのは難しい
だから大人は子供に背中を向けて話すのだろう

目をそらしたまま 話すのだろう
嘘をついていることが目立たないように。





2019/02/26 (Tue)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -