ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > シワ

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[415] シワ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


年老いた人の顔に刻まれた
シワを数えてみれば
そこには年の功がシワの数だけ見えるだろう

ただ一生懸命生きてきた
だけとあなたは笑うだろう
だけどその笑顔の向こうには
自信と勇気が見えていた

おばあちゃんは 今日も糸を紡いで
ひとつの帽子や手袋をつくる
網の目を読むには鋭い目がいるよ
だけど優しい眼差しで僕を見て笑うよ。





2019/03/10 (Sun)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -