ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 365日

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[45] 365日
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][得票][編集]


恋をしたあの日から
僕は弱くなりました
優しさを知ったから

胸をさす痛みのせいで
いつの間にか
僕は弱くなりました

言葉を重ねて 時間をかけて
それは築かれ 育まれていく

ただ側にいるだけで幸せだ
笑ってる顔を見ているだけで
自分のことのようにうれしくて

愛されていることが
愛していることが
当たり前になった今では

今までの日々は幻のよう
僕は僕の知らない僕を知る

ほら、夜が明けていく
365日のたった一日が記念日になるよ
今日は誰かにはただの日でも
僕らにはほんの少しだけ
輝いて見える。



2018/06/23 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -