ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 素麺の季節

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[484] 素麺の季節
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


浮かんだ言葉とメロディで
積み重ねた日々は
五線譜にきれいに並ぶよ

夏の日の窓を開けて
そこに見えたのは
夕暮れの一番赤いとき

優しい気持ちを思い出す為に
もう一度 涙に濡れてみる

テーブルの上に夕飯に決めた
素麺が所在なく見えたら

大抵の出来事は笑い話になる
僕は多分思うより弱くない

思うより強いんだ。






2019/06/10 (Mon)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -