ホーム > 詩人の部屋 > カタリナの部屋 > ハローアゲイン

カタリナの部屋


[49] ハローアゲイン
詩人:カタリナ [投票][編集]


夕焼け空を 歩道橋の上で見上げていた
お母さんと小さな子供が
手をつなぎ家に帰るのを見たけどどんな話をしていたのかな

悲しかったことも
嬉しかったことも
教えてよ 僕だけに

今日の頑張りは誰にも
誉められはしないだろう
だから隠した傷跡に
涙はやさしく染みてく

ただいまくらいは
言えるくらい強くなりたい
どうしても隠せない
傷跡は君の胸でひらくよ

雨上がりに咲いた虹の架け橋は
どこに僕を連れていってくれるだろう
夜明けの空を お日様が照らした

悲しかったことも
嬉しかったことも
言葉にならないほどなら

生きている意味を
誰もが探しながら生きている
あてもなく風に吹かれ
地図さえもない旅です

おかえりをくれるのは
見返りなんか求めない
そんな優しい人です
命がけで幸せにしたい人です

たとえばなんでもない
いつもの朝におはようと微笑む
そんな小さな幸せがほしくて
つまらない意地を捨てたよ
素直になる ただそれだけでいい

今日の頑張りは誰にも
誉められはしないだろう
だから隠した傷跡に
涙はやさしく染みてく

ただいまくらいは
言えるくらい強くなりたい
どうしても隠せない
傷跡は君の胸でひらくよ。







2018/06/28 (Thu)

前頁] [カタリナの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -