ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > ただいま

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[504] ただいま
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


いつもはなんとなく
言葉にしているけれど
その声に支えられて
僕は生きている

泣きべそかいた日も
くたくたに疲れた日も
家に帰れば忘れてしまう
魔法にかかったように

あと何度言えるかな
ただいま
あと何度聞けるかな
おかえり
大切にしたいやりとり
言わなかった日もある
今日は言えるかな
僕の帰りを待ってる
あなたにただいま

夕焼け空に 涙がにじんで
会いたい時にはもう
会いたい人はいない
今日もただいまを言っても
返事はないよ。



2019/06/24 (Mon)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -