ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 月

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[507] 
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


どうしようもない悲しみや
寂しさに包まれたら
窓の外の月さえ
遠く見える

なんでも話せる友や
愛する恋人は生憎いない
だから孤独なんだ

引き裂かれるような
夜には言葉はいらない

死んだように眠るまで
静かな部屋で過ごそう。




2019/06/29 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -