ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > バライロ

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[52] バライロ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


君の頬を伝う涙を見たよ
君もそんなふうに
泣くことがあるんだね 少し驚いた

見えているようで
見えないものばかりだ
知らないふりはできないから
素直になるしかない

真っ白な画用紙に描いた
夢見た明日はまだ遠いけど
あなたがいる ただそれだけが
いつも僕を支えてくれる。

2018/06/29 (Fri)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -