ホーム > 詩人の部屋 > カタリナの部屋 > 嘘つき

カタリナの部屋


[54] 嘘つき
詩人:カタリナ [投票][編集]


君を好きなのにこんなにも好きなのに
傷つけてしまうときもある
意地ばかり張ってつまらない見栄のために
君を泣かせたのは昨日の今日のことさ

君なんか好きじゃないと
言うときはきまっていつも
心は逆さま裏返し
本音はね 君が好きで仕方ない
はずなのに 無理して強がるから
嘘に阻まれ本当のことが言えない 

君を笑わせることが僕の特技だ
数少ない僕の自慢なんだよ
人に誉められるようなことじゃない
君が笑ってくれればそれでいいんだ

寂しさを抱えたときほど
一人になりたいと嘘をつく
心は逆さま裏返し
今にも泣きそうなくせして
ばかみたいだね 無理して強がるけど
こんな嘘はつくだけ損だね

君は言ったよ 「嘘なんかつかなくていいように私が強くなるね」
僕はその時恥ずかしくなった
本当はその逆じゃなければいけないのに


寂しさを抱えたときほど
一人になりたいと嘘をつく
心は逆さま裏返し
今にも泣きそうなくせして
ばかみたいだね 無理して強がるけど
こんな嘘はつくだけ損だね

だから君の前で嘘をつくのは今日までにしよう。

2018/06/29 (Fri)

前頁] [カタリナの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -