ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 終着駅

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[582] 終着駅
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


何れ僕は気づいてしまうだろう
ここが僕がたどり着ける
限界なんだと
終着駅から先はない
そんなことわかってるさ

ただ繰り返す毎日が
幸せだと思うことが
今はただひとつの救いだよ
だから笑うんだ 悲しいときこそ
だから歌うんだ 生きていることを。

2019/09/25 (Wed)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -