ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > インディアンソング

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[586] インディアンソング
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


遊牧民族みたいに放浪の旅だ
小説は言葉と言葉の連なりだけど

ただそれだけじゃないと
隣で生まれる
新しい命の産声に
こんこんとわき出る水に
感謝の踊りをしてるインディアン

何世紀もわたって 受け継いだ血が
同じあの日の幸せを歌にする

ああ不思議な巡り合わせ
世界は今日 とても大切なことに気づいたよ。






2019/09/27 (Fri)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -