ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 暁を背に

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[59] 暁を背に
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


本を開くように 物語の最初の
一歩を踏み出した
僕の後ろに道はできない
僕の前に道はできる
誰かが言った言葉で
思い出したように旅に出た

変わるよ 鮮やかに
変わるよ 今すぐに
僕にはもう恐れるものはない

おいでおいで 手招きする明日が
暁を背に泣きじゃくる僕を呼んでる

だから行くよ。

2018/07/05 (Thu)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -