ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 宇宙

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[596] 宇宙
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


月が空に浮かぶ夜は
距離が近いほど
寄り添うような
ぬくもりが

冷えた夜に熱を与える
窓に宇宙が見えたなら
言葉はいらない

世界の最後の日 僕らは
誰かが羨ましがるほどキスをして
絡み合って愛を産み落とすよ

ロックンロールとバターロール
整合性はないけど抱きしめるよ

世界の最後の日 僕らは
神様が羨ましがるほど夢を見て
重なりあってひとつになるよ

親しき世界への ラブソング
命を 生け贄に僕らは歌う

たとえ明日 世界の終わりでも。





2019/10/06 (Sun)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -