ホーム > 詩人の部屋 > カタリナの部屋 > 叙情詩

カタリナの部屋


[64] 叙情詩
詩人:カタリナ [投票][編集]


正しさは 宙ぶらりん
いつも曖昧なもんだ
物差しは伸び縮みする
心も 宙ぶらりん
逆立ちしている蝙蝠の視点から
逆さまの世界を睨んでる
 
出会うもの全てが敵だから
味方なんかいないから孤独だ
戦争が嫌いだけれど好奇心は
常備薬のように持っている

気づけば信じた正しさは
身勝手なほどに周囲を傷つけた
だから、あなたは泣いたんだね
最後に残った優しさで
僕は単なる人になる。






2018/07/11 (Wed)

前頁] [カタリナの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -