ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 東京

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[689] 東京
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


独居の冬は思ったよりも寒くて
誰かのぬくもりにふれたくなる

月に一度の親からの手紙には
元気でいますか?と書かれていた

僕は返事も書かないままで
親不孝な息子と思われてるだろう

最近、ギターをはじめたんだよ
新しいコードを探してさ迷うように
指は宛もなく 音を鳴らして

東京の街に雪が降る 煙草が値上がりしたのを
きっかけに禁煙なんかもはじめたよ
だけど何も変わらない 肝心なことは変わらない

東京の街に冬将軍 北風が凍えた体にとどめをさせば
炬燵から出られなくなる
そのうち眠ってる 寂しさを忘れるように。

2019/12/14 (Sat)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -