ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 彼女は電気羊の夢を見る

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[763] 彼女は電気羊の夢を見る
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


君を幸せにする魔法があれば
僕はそんな落とし穴に手を伸ばしてしまう
生憎僕には期待されても
苦笑いすること以上何も出来やしないよ

ずっと好きだった下手くそなギターで
星屑を拾い集めてつくったメロディ
この世界を変えたあの日

積み重ねる言葉はいつも同じ
だけど、伝わる気持ちは七色に輝く
北欧の夜空にオーロラのカーテン
氷山の城とセイウチの手拍子
夢見る気持ちが扉を開く鍵

誰にも そんな時があるだろう
ベッドは旅をするための船さ
彼女は電気羊の夢を見る。





2020/05/04 (Mon)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -