ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > ラブレター

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋


[8] ラブレター
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][得票][編集]


もしも僕にも人を愛することがこの先あるのならどんなふうに 今は名前さえもわからない人を愛するのかな 
たくさんの思い出をつくろうなんてさ まだ
愛する人もいないのに考えていた 

さざ波寄せる海岸で結ぶ約束 しぬまで君を離さない

人を愛する喜びは きっと 

人に愛されることでしかわからない 

まだしらない人を愛することの悲しみや苦しみを 
笑って受け入れることができたなら 
その時人を愛する喜びが分かるだろう。

2017/04/02 (Sun)

前頁] [尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -