ホーム > 詩人の部屋 > アルバトロスの部屋 > すべてが夢だったときの対処法

アルバトロスの部屋


[431] すべてが夢だったときの対処法
詩人:アルバトロス [投票][得票][編集]

すべてが夢だったときの対処法はちゃんと考えてある

まず時計を見て時刻を確認して
いつものように時間がなければ
ひとまず顔を洗って
冴えない頭と顔で部屋をキョロキョロ見回して

そんでよく分からないけれど何故か煙草に火をつけて
少しだけボーッとしたあと

ふと我にかえって慌てて着替えて準備して
そうしてバタバタと家を出て

なのに余裕ぶっこいて
途中でコンビニなんか寄ったりして
コーヒーとおにぎりという変な組み合わせをチョイスして

職場についたら
気が付くと、ほらいつの間にか夜だ

だからユラユラとお家に帰って
おいしいのかどうか分からない飯を食って
お風呂とかその辺はいつも曖昧だけれど
何やかんやするうちに
またモゾモゾと布団に入って
そんでムニャムニャと寝ているうちに
ほら、今度は朝さ

えーと、
そのすべてが夢だったときの対処法も
もちろん考えてある

また
いつか話そう

2018/12/23 (Sun)

前頁] [アルバトロスの部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -