ホーム > 詩人の部屋 > ふくざわゆいとの部屋 > キャッチボール

ふくざわゆいとの部屋


[1122] キャッチボール
詩人:ふくざわゆいと [投票][得票][編集]

なにげない会話そのものが



言葉というボールを投げて



受け止め 投げ返していくものだとするなら



やっぱり 相手が取りやすいように



ボールを投げた方がいいよな



反対に



相手が投げ返してきたボールが



遠くへ転がったり ほんの少し届かなくても



自分が走って 手を伸ばしたらいいよな



それがたとえ どんな会話だとしても





この気持ちを 忘れないでいたいな

2019/01/28 (Mon)

前頁] [ふくざわゆいとの部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -