ホーム > 詩人の部屋 > みなみんの部屋 > 不可能はある

みなみんの部屋


[103] 不可能はある
詩人:みなみん [投票][編集]



私ほど恥をかいた人はいないと思っていた
しかし私よりずっとずっと恥をかいてきた人がいた
その人は私よりずっと物知りだった
そして私はその人を尊敬している

(わからない時間)−(考えた時間)=(分かった実感)−(恥の数)
いや、この式は成り立たない。意味もわからない

粘土の頭に分からないのネジ
いっぱい、いっぱい刺しこまれている
ちょっと見た目も気持ち悪いし
ネジを一個一個、抜いてしまいたい

えぇと、、、
ネジはネジで、
クリクリ回せる所に入れていくと
今度は気持ちよく収まって
分からないのネジが
分かったのネジになる、、

でも、ネジを粘土に刺しちゃいけない
なんて言うのはナンセンス

分からないことを
分からないって言えて
分かることを訊かれた時に
恥と一緒に話せるあなたは
ナポレオンにもなれそう
な、気がした
いや、ナポレオンのこともよく知らないんですけどね

2019/11/18 (Mon)

前頁] [みなみんの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -