ホーム > 詩人の部屋 > みなみんの部屋 > 線

みなみんの部屋


[105] 
詩人:みなみん [投票][編集]

結婚線

利き手の反対の手
そこの、小指の
第三関節(指の付け根の線)を50歳として
感情線を0歳とする

この小指の第三関節から
感情線の間にある線の位置で
一番相性の良い異性との出会いがわかる

適齢期婚線というらしい
例えば、真ん中ぐらいに線がある人は
25歳くらいが適齢期だ

感情線の近くに線があるほど早婚で
小指第三関節の近くに線があるほど晩婚と言われる

ちなみに、この線が多い人ほど気が多い
一本、しっかりある人は一途さん





真っ新なアスファルトの上で
目玉焼きみたいになっていた
ついさっきまで、夏だったのに
もうクレヨンの匂いはしない

光は手放すと、どこまでも翔けていく
やがて天の川にでもなるのだろうか
そんな季節じゃないけどさ

七夕の願い事も叶えてあげたのにな
今じゃあクレヨンの匂いが懐かしいや

慌てん坊のサンタクロースさんに
彼の欲しいものを尋いてみたい
私で良ければ、代わりに渡してあげる

彼はその日、多分夜勤だから
慌てて渡さなくていい

時間が欲しいなんて、悲しいことは言わないで
夕焼け小焼けの夜勤明け。に、
また会いましょう30分だけ

線が消えないから
その間だけ
繋がっていてくださいな

2019/11/19 (Tue)

前頁] [みなみんの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -