ホーム > 詩人の部屋 > みなみんの部屋 > アウトプット

みなみんの部屋


[111] アウトプット
詩人:みなみん [投票][編集]

「今日はタバコがまずい日」と、彼は呟いた
いつも同じタバコを吸っているのに変なことを言う
いや、同じものを飽きずに毎日口にするから
体調とかによって味が変わったりするのかな

彼から放たれる一コトはしょうもない小さな一コマ
その瞳は虫眼鏡?っていうくらい細かいこと(だと思う)を言う
それでいて、小姑のような嫌らしさはない
いつも無理のない笑顔で話を締める

「音楽が気づいたら終わってしまっている。今日は時間が流れるのが早い日なのかな」
また言ってる

人はインプットした分だけアウトプットをしたくなる
彼はありのままを心に仕舞い込んで
今日も私に変なことを言ってくる

それは明後日の方向に出しているようで
実はちゃんと繋がっている(私は理解しているつもり)

そんな彼の瞳に映っている私は
どんな顔をしてるのかな
いつも耳をそば立ててしまう

ね?好きだよ。っていう変わりに
彼の話に「うん、うん。」頷く

2019/12/02 (Mon)

前頁] [みなみんの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -