ホーム > 詩人の部屋 > みなみんの部屋 > 右と左

みなみんの部屋


[24] 右と左
詩人:みなみん [投票][得票][編集]

みんな右を向く
私も右ばかり
左を向いたら
息が苦しくなる

見通しが欲しいようだ
二車線の右側から
一気に左折するバイク
左後ろには
バスがいるにもかかわらず

私は私を肯定したいのか
雁字搦めか
溺れているのか
弱虫の強情か
力を持て余している脳内
それがいけない

味方が欲しいのか
水面が遠いし
解けて欲しい

傷つけてしまうくらいならば
涙を流してしまおうか
もう疲れたし
欲しいのは刃物でも鈍器でもないし
振りかざす気力もないし
もっと他に
力の入らない魔法があれば

私は焚き火に当たりたくない
ただ何も見えない
静かな海に沈みたい
金管の様な音を響かせ
小さな波紋を眺めていたい

2019/01/10 (Thu)

前頁] [みなみんの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -