ホーム > 詩人の部屋 > みなみんの部屋 > 心の中の虚言癖

みなみんの部屋


[41] 心の中の虚言癖
詩人:みなみん [投票][編集]

自分というものが信じられないアイデンティティ
拡散しているわけではなさそうで
いつも自分を裏切る自分が同居している
私は理想を持っていないし
常に現実と向き合ってきた
つもり
積もり
積もって
もう一つの価値観に逃げ出したくなる自分ができた
放浪が自己同一性なのか
半年も前にひいた
風邪を言い訳にしてしまいそう
いいわけないのに
まだ病み上がりだなんて言ってしまいそう
分岐点が目の前にあっても
機転がきかない
障害が目の前に立ちはだかっても
生涯
しょうがないって
ため息を一つ
吐いて
裂いた








2019/01/19 (Sat)

前頁] [みなみんの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -