ホーム > 詩人の部屋 > みなみんの部屋 > 渡り鳥

みなみんの部屋


[76] 渡り鳥
詩人:みなみん [投票][編集]

綺麗な花だと
褒める彼らは
両手を広げて
渡り鳥になる
気になる明後日
漁って木になる
明後日目がけて
彼らは来るから
日向に背を向け
枝葉を伸ばすよ

砂時計の中に
気ままな花粉
愛に気づいて
無重力に舞う
宇宙に咲く花
永遠に咲く花
渡り鳥たちの
瞳をさらうよ

天の川を越え
彼らは歌うよ
林檎のなる木へ
わたしを運ぶよ

宇宙の明後日
宇宙の明後日
目で愛でて
光輝く星は
少し潤んだ
女の武器に

結ばれた日に
眺めた朝日が
朝ってなんだっけ
とぼけて見せてる

いつも明後日
気ままな彼ら
始まりの木は
根がはる喜び

蔑ろにした今日が
手招きしているよ

2019/06/29 (Sat)

前頁] [みなみんの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -