ホーム > 詩人の部屋 > 浜崎 智幸の部屋 > 歌詞──本河内ワルツ──

浜崎 智幸の部屋


[195580] 歌詞──本河内ワルツ──
詩人:浜崎 智幸 [投票][編集]


出来屋敷公園へ続く坂道を行けば

どんな悲しみだって心をすり抜けていく

水源地のあたりは蛍が橋を渡る

時計も遅くまわる

生まれてきてよかったよ

あなたに会えたときの喜び繰り返すために

歌を歌う

光があふれ世界の形見えなくしても

歌声は続くよ
──────────
──────────
※「ほんごうちワルツ」と読む。
※水源池ではない。水源地で正しい。

2019/04/18 (Thu)

前頁] [浜崎 智幸の部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -