ホーム > 詩人の部屋 > 浜 崎 智 幸の部屋 > 乱反射──命の花プロジェクトに──

浜 崎 智 幸の部屋


[27] 乱反射──命の花プロジェクトに──
詩人:浜 崎 智 幸 [投票][編集]


思い出に溶けてゆく冬の坂の道

磨かれた鏡のよう──見透かされる

黙りこんだ友の横顔をまだ覚えてる

野の花に頼みましょう──春のいそぎ


命、かがやけ!
命、はばたけ!

この心の花に
祈り、こもれ!

砕かれながら
乱反射できるならば
いつまでも世界を
好きでいられる


命、はびこれ!
命、のさばれ!

この心の花を
ひかり、みたせ!

終わりのときに
小さな拍手があれば
いつの日か世界を
愛しく思える

──────────
命の花プロジェクト……青森県の高校生が始めた、動物の殺処分ゼロを目指す活動です。このプロジェクトが一日も早く終わることを祈っています。

2018/06/14 (Thu)

前頁] [浜 崎 智 幸の部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -