ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > ずっとそばにいてくれたら

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[131] ずっとそばにいてくれたら
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

少しあなたと
離れてみて
いつか気づいた
大切な人
違う誰かと
一夜過ごし
バカな自分に
涙が出たわ

雨の中雨の中
抱きしめられたら
一瞬(ひととき)の
愛だって
わかっていても
逢えなくて淋しくて
泣いた日のことも
全て忘れられる
気がして

出逢いの日も
別れの日も
同じグラスで
乾杯してる
恋と気づいて
しがみついて
泣いた時には
あなたがいない

誰よりも誰よりも
淋しがり屋なの
いつまでも
そばにいて
守って欲しい
逢えなくて淋しくて
眠れない夜も
いくつ一人きりで
越えたか…

雨の中雨の中
抱きしめられたら
一瞬(ひととき)の
愛だって
わかっていても
逢えなくて淋しくて
泣いた日のことも
全て忘れられる
気がして

By 小さな貝がら

2007/09/03 (Mon)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -