ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 遊歩道

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[182] 遊歩道
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

夕暮れに君と歩いた
あの遊歩道

静かにゆっくり
語りながら歩いたね

ベンチで佇んでる人
幸せそうだったね

絵を描いてる人
綺麗な絵だったね

胸が温かくなった

長い道のりを
君と二人歩いて

たくさんたくさん
いろんな話
いっぱいしたよね

街の灯りが
たくさんつき始めて
綺麗になった

だんだん暗くなって
ふと立ち止まり
君にKissをした

掴んだ腕
このままずっと
離したくない

このまま時間が
ずっと
止まれば良いのに

震えてる唇
聞こえる鼓動

君の全て大好きだよ
ずっと大好きだよ

ずっとずっと
大好きだよ

By 小さな貝がら

2007/10/12 (Fri)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -