ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > X'mas tears snow

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[232] X'mas tears snow
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

別に何もなくても
いいんだ
ケーキも
プレゼントも
ブーツも

僕が欲しいのは
そんなんじゃ
ないんだ

右を見て父がいて
左を見て母がいて

貧乏でも
ちっちゃなこたつで
足ぶつかっても

みんながいる温かさ
欲しいんだ

お母さんが
慌ただしそうに
駆け込む台所

その優しい香りと
温かさが欲しいんだ

でも僕が欲しかった
温もり
僕は知らないんだ

僕は寂しいよ

華やかに彩られる
街が
僕の胸
痛めつけるんだ

僕の涙が
きっと
雪に変わるんだ

By 小さな貝がら

2007/12/26 (Wed)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -