ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 最後の言葉

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[275] 最後の言葉
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

四季を一周して
貴方と出会った春が来た

寒い冬の間に
凍てついた
心の氷が融けるよに

貴方の優しさが
温かかった

貴方と交わす
言葉の一つ一つが
嬉しかった

また出来ますか?
桜の話
また作れますか?
桜の詩

小鳥の声奏でる中
会えますか? 貴方と

桜の花のように
あっという間に
散り行く想い

もう話せない貴方に
伝えたい言葉

ありがとう
そして
元気で
そして
幸せに

By 小さな貝がら

2008/03/18 (Tue)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -