ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 離さない理由(わけ)

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[298] 離さない理由(わけ)
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

ずっと一人だって
思っていたけど

僕は捨てられた
子犬みたく
震えてたけど

あの時
君に貰った手紙
耳に聞いた声

どれもこれも温かくて
僕は癒されたんだ
そう
あの日からずっと…

僕は君を忘れない
君の温もりを忘れない

どんなに年老いても
忘れない
愛する絆離さない

温かくなるこの胸
君の優しさのせいだから

By 小さな貝がら

2008/05/12 (Mon)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -