ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 風と雲と心が素直ならば〜2〜

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[311] 風と雲と心が素直ならば〜2〜
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

疲れた時
ふと
立ち止まってみようよ

立ち止まって
歩む事が遅れても
きっと何か
見つけられる物がある

それは優しさかも
綺麗な空かも
爽やかな風かもしれない

きっと心を癒す
何かがある

そして又明日から
一歩ずつ歩もうと思う
心になれる

素直なままに
無理せず
今の自分のままで歩もう

この風とこの雲が
包んでくれる
自然の優しさに抱かれて
一歩 一歩

By 小さな貝がら

2008/05/30 (Fri)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -