ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 夏祭り

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[355] 夏祭り
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

浴衣姿君の袖口
覗かせる手

人並みに
はぐれないように
ギュッと繋いだ

無邪気にはしゃぐ
君の横顔夕陽の中で

美味しそうにわたあめ
食べて雲みたいだねって
僕は横にたこ焼き並べ
君の邪魔をした

そんな他愛ない時間が
とても好きで
とても温かくて

心で確かめる
君の眼差しと優しさ
幸せを感じながら

By 小さな貝がら

2008/07/27 (Sun)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -