ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 初恋〜2〜

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[414] 初恋〜2〜
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

あの頃私は何も出来ずに
グランド走るあなたを
ただ見つめてた

雨降る一日は
そんなあなたを
見られなくて

切ない想いで
雨滴眺めた

あなたの声が
あの頃の私の癒しに
なってたんだね

卒業してから
やっと気づく
あなたに想いを
告げられないまま

後悔しても泣いても
時は戻らない
ただ胸が痛くて

好きだと言う気持ち
どこにやればいいの?
月日が経っても
忘れられないあなた…

By 小さな貝がら

2008/11/08 (Sat)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -