ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 君を想う

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[435] 君を想う
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

古いアルバムの中に
いる君は
やんちゃそのものって
感じで

今の君と変わらない
瞳にほほんで
だけど君の横に
笑う人影に
寂しく感じて

そんな自分が何だか
ちっぽけなのか
後から生まれた自分に
腹がたった

こんなに想ってるのに
こんなに好きなのに
何故あの頃から
自分は横にいないの?

解けない答えなのに
いつまでも答え探して

誰も拭ってくれないのに
一人泣いて

悔しいから死ぬまで
自分が絶対傍に
いるって強く想って
一人泣いてただ君を想う

By 小さな貝がら

2009/01/30 (Fri)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -