ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 光〜ねぇ貴方 私を照らして…

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[449] 光〜ねぇ貴方 私を照らして…
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

貴方が私の心の光に
なってくれたら
私はどんなに
温かいだろう

不安な時寂しい時寒い時
貴方の手が私の胸の上に
手の上にあれば
私はどんなに
救われるだろう

きっと嬉し過ぎて
温かすぎて涙
止まらないだろう

どれほどまで私は
貴方を想い
いくつの涙流しただろう

嫌だよ…
もう不安にさせないでよ
ずっと私を見ててよ
私以外の女性見ないでよ

愛を感じられず
生きる日々
とても辛いよ…

だけど離れたくない
貴方の手
ずっと握っていたい

温かい手大きな手
安らぎになる
ただ一つの想い

他の誰かじゃ
感じられない
この胸の痛み
私は
貴方じゃなきゃ愛せない

貴方じゃなきゃ
癒されない私の心

だから私を
不安にさせないで…
私の心撫でていて
私の手握っていて

By 小さな貝がら

2009/04/07 (Tue)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -