ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 触れていたい…

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[492] 触れていたい…
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

穏やかになれる
あなたの声聞くだけで
温かくなる自分の心

いつからだろう
あなたに
惹かれ始めたの

いつからだろう
こんなにも
私の心の中で
あなたを必要としてる

不安になると
やはり夢なのかとか
嘘かなとか思っても

あなたの声に触れたら
もうダメになる
あなたしかいないって

いつも触れていたい
あなたの声

いつか触れてみたい
あなたの温もり

By 詩

2009/11/26 (Thu)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -