ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 触れて…

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[530] 触れて…
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][編集]

触れて 触れて 触れて
そっと触れて 心に
何度も傷つき泣いて
疲れた私に

触れて 触れて 触れて
そっと触れて 心に
優しく撫でて欲しい
あなたの愛で

生きてきた道のり
人知れず寂しくて
いつの間にか
心に余白がなかった

一人無理して
歩いて笑って
ごまかして

心配かけぬと
頑張り過ぎたかな

だけど私も
一人の人間だから
心が今にも破裂して
私自身を無くしそうで

誰かの手を無意味に
探してた…

だけど見つからない
差し出した手を繋ぐ人

私は一人 また一人
旅に出る

疲れて傷ついた羽を
癒やす間もないままに

またきっと明日
雨が降る
それは私が流す涙…

By 音無詞 詩
☆2010年8月作☆

2010/08/29 (Sun)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -